Adobe Acrobat Pro DC購入に至るまで

製品版を買えば最新版までアップデートできる

自炊をするなら、PDFは欠かせない存在というより、ネットで色々な資料を見るのもPDFが主流ですが、役所などに提出する申請書類の類もネットから直接ダウンロードできます。

それをプリントアウトして、書き込む…。

それなら、直接編集した方がボールペンで書く手間も減り、再発行も簡単。
見た目もキレイと三拍子揃ってます。という事で、PDFの編集ソフトを探し、結局、気になったのがAdobe Acrobat Pro DCです。

大は小を兼ねるの要領で選んだわけですが、アマゾンのダウンロード版の購入でつまづく事になりました。それが、アマゾンギフト券の存在です。

今現在、アマゾンギフト券の残高がある場合、これが人によってちょっと厄介になる事があります。私がまさにそれなのですが、アマゾンのゲーム&PCソフトダウンロード ストアは、ギフト券が強制的に使われます。

問答無用でギフト券が消費されるという理不尽さ。

個人的に、ソフト代金は、一括カードで支払いを済ませたかったので、ギフト券は使用せずに購入しようとしたものの、ダウンロードストアには、ギフト券の使用をキャンセルする機能がありませんでした。

そこで、この件について、まずは、メールで問い合わせてみるも返答が遅かったので、電話で直接問い合わせてみると、やはり、ギフト券から自動的に使われてしまう仕組みになっているという事でした。

これが、普通の商品を購入する場合は、ギフト券使用の有無をキチンと確認できるようになっているものの、なぜか、ダウンロードストアには、それが出来ないという意味不明な状態です。

今じゃ、コンビニの無人化も手がけようとしているアマゾンさんなのに、超アナログな支払い方法の選択が選べないという矛盾…。

問い合わせに応じたデスクも、「ダウンロードストアにはそういう機能が無いからどうしようもなくて…」というような歯切れの悪い対応でした。
結局、アマゾンで買うのは控える事となりました。

そこで、別のショップで探してみたところ、コジマストアでは、Acrobat Pro DCがアマゾンの最安価格よりも更に安く販売されていて、結局こちらのパッケージ版をゲットする事となりました。

ちなみに、Acrobat Pro DCは、発売開始が2015年4月だったので私が購入を決めた時から、かれこれ2年近く前になります。このパッケージ版(ダウンロード版)の永続ライセンスのものを買うべきか。

それとも、月額や年額のライセンスを買うべきかと考えました。

その理由は、ライセンス契約の方が常に安心して最新版が利用できるというメリットがあります。対してパッケージ版は、いつか新しい製品に切り替わったら、最新のものではなくなってしまうところがあります。

個人的には、製品を購入するという形の方がしっくり来るので、そうしたかったのですが、この売られているものがどこまで最新に対応できるかが疑問。色々と、調べても良くわかりませんでいた。

そんな状態でいざ購入してみたら、「このシリアルナンバーの製品は、アップデートの権限がありません」なんて出たら焦りますよね。笑
そこで、Adobeのカスタマーにチャットで確認。

すると、今のところ無いけど、将来的に、Proのアップグレード版が出るような事があるまでは、問題なく最新のものをアップデートして使用できるという事で安心。

ただ、アップグレード版、最新版、アップデートと、カスタマーがどれを言っているのか混同してしまい良くわからなくなっていた部分もあったのは事実ですが…。

その辺をしっかり間違いなく把握しておく為に、何度か同じような質問を繰り返し、「Acrobat Pro DCの製品版を購入すれば、最新版にアップデートできるという事で間違い無いすよね?」と質問したら「さようでございます」という感じで、およそ30分程対応してくれ解決できました。

結果的に疑問を解決して購入にたどり着いたので、良かったかなと思いますが。