図書館でのスキャニングは問題ない?

私的使用の複製の範疇なら問題無いらしい

本を自炊する目的の大半は、古くなった本や沢山増えてしまった本を処分したい、でも、売っても二束三文だし、情報として残しておきたいという人が大半だと思いますが、自炊の他の方法として、図書館などの公共施設で置かれている本の内容を複写するというのもやり方としてはあると思います。

前提条件として、ここであげる複写の範疇は、その本1冊全てをスキャニングするのではなく、ごく一部をスキャニングすることに限ります。

でも、そこで問題となるのが著作権。
自分自身が買った本であれば、本の中身を自炊してデータ化しても何も言われることはありませんが、図書館の場合はそうはいきませんよね。

実際、今私が住んでる所の近くに図書館があるのですが、色々な本に書かれている同じワードに関する情報をかいつまんで欲しい場合など、後からじっくり内容を確認したいので、家に帰ってからも情報を見れるようにしておきたいものです。

そうなると、本の一部を複写することが必要となりますが、図書館では、著作権法第31条に定める「図書館等における複製」という規定において、一定の条件を守る代わりに、利用者の求めに応じて複写サービスなどが出来るとのことです。

ここでいう一定の条件とは、私的使用という部分が関わってきますが、結局のところ、個人的にその情報を参考とする場合にのみ限って著作権法第31条が適用されると考えれば問題無いのかなと思います。

その上で、資料が図書館(公共施設)にある事。

簡単に言うなら、その情報をそのまま何かに転載したり、更に複製を行うなどの営利目的で利用するしてはならないということですよね。

この辺の解釈に関しては、しっかり調べていかなければいけない部分も有るんですが、とりあえず、図書館にある資料を複製すること自体は、著作権を侵害するものではないということがわかりました。ただしその条件として私的使用にとどまらせることが関わってきますが・・・。

それならどこの図書館でも問題なくコピーしていいのかということもいえますが、これはまた異なるようです。

というのも、著作権法第31条が該当する図書館というのは、国立国会図書館、公共図書館、大学図書館などで著作憲法施行令が定められているものに限るようで、学校の図書館などでは、この著作権法第31条のルールは該当しないようです。

図書館と名前が付けばどこでも良いというわけではなく、一般市民が私的利用可能な公共的な図書館に限るという場合なら問題無いということなんだと思います。

これはさっと情報を拾って私なりに解釈したことなので、参考程度にとどめておいて欲しいんですが、もしも図書館で資料などをまとめて複製したいなど考えている場合は、著作権法第31条について一通り調べておいた方が良いかもしれません。