自炊後の本を処分する為にシュレッダー購入

MACアドレスの設定が原因でした

コンパクトプリンタとスキャナはそれぞれ持っていたものの、意外と嵩張って場所を取るので、複合機を購入しようかと考えていました。

そこで、数年ぶりに複合機を買うために、まずは、出来るだけ小さめのサイズという事を念頭に置きつつネットで探し始め、デザイン的に気に入ったのがCanonのTS9030だったので、早速、近所の家電量販店で実物をチェック。

もう一回り小さいタイプがあったものの、そちらは、カラーの数など性能が限られるという事と何より安すぎるのが逆にネック。ここ最近は、チープなものは結局買い換えるハメになるので避けるようにしています。

一通りCanon製の複合機を確認したところで店員さんに声をかけられて、結局、即購入だったので、思い立ってから2時間の出来事でした。その後、部屋に戻りすかさず設定開始したのですが、案の定と言うべきか、無線設定で躓くハメになりました。

無線LAN接続の設定を行う為、ルーターのAOSSボタンを押して設定を開始するも、複合機側で受信できているのに、そこから先に進まないでエラーとなりやり直しが案内されます。これを何度も繰り返してしまいます。

「無線LANの設定がうまくいかない」
「バッファローのルーターは認識しているのにうまくいかない」

という状態で30分以上、あれこれやっても原因がわからず。
それっぽい情報を探してみても、遠からず近からずでコレといった情報を見つけられませんでした。

よくあるのは、双方の電源を入れ直せば良くなるとかいう事ですが、そんなアナログ的な方法で直るなら、エラーになる事なんて稀です…。
電源入れ直しなんていう解決策は、ほぼ無意味です。

という事で、何となくアレかもと思っていた原因がズバり的中。
その原因は、MACアドレスの設定でした。

MACアドレスが何なのかは置いておくとして、使用しているバッファローのルーターの設定から、MACアドレスを設定しアクセスできるデバイスを限定してしまうと、それ以外のデバイスは、もちろん弾かれるという事です。

その設定をしている事を思い出し、ブラウザからバッファロールーターの設定画面を開き、MACアドレスに複合機のアドレスを追加すると無事に接続する事ができました。

Canonの複合機にもマックアドレスは決められていたので、その情報を許可デバイスとして追加した後に、ルーターのAOSSボタンを押して無線LAN設定を行えば、解決するという事です。

再現性は限られますが、もしも、ルーターでMACアドレスの設定を行っているなら、まずは、そこを確認しておくのが良いと思います。