PIXUS iP100のBluetooth設定

特に難しくないがちょっとややこしいBluetoothの設定

最初は、USBケーブルを接続してヘッドの位置が問題無いかのテストプリントをしなくてはなりませんが、コンパクトプリンタを買うという事は、「かさばるのが嫌」「ケーブルが増えてウザい」というのがあるかもしれません。

そうなると、無線通信が一つの方法。
wifi使えず赤外線かBluetoothとなれば、後者かなと思います。

手順に入る前に、Canonで売られているBU-30は無くても問題ありません。
このBluetoothアダプタなら、取りあえず大丈夫でした。

  • パソコンに機能がデフォルトで有る場合→こいつを1個買う(プリンタ取り付け用)
  • パソコンに機能が無い場合→こいつを2個買う(パソコン、プリンタ用)

私の場合は、1個は持っていたのですが、もう1個は、「使わないからポイッ」と捨ててしまいました。それから、3ヶ月で使う事になろうとは・・・。

何はともあれ、パソコンに機能が無い場合は、ドライバをインストールして使えるようにしておく必要が有ります。(ここでは、動作確認は端折ります。)

パソコン側に取り付け。正常なら青色に点滅を延々繰り返す。
お隣さんは、マウスのアダプタ。

iP100側にも付けました。
尚、反対側はパネルが剥がせて、内側にUSBポートが有ります。
BU-30のようなデカイUSBアダプタ用の格納スペースですが、このサイズなら外側でも問題無しです。

ここからBluetooth通信の必要な設定解説

プリンタの電源を入れて、通信できる状態にしておきます。
尚、OS環境は、Windows7で説明していきます。

やることは、
パソコンとプリンタのポートを合わせる事と、オフラインの解除です。
言ってしまうと、これだけなので特に問題無く出来ます。

■PCのBluetooth設定画面を開きます。
タスクバーにアイコンが有るならそこをクリック。
無いなら、ファイル検索で「Bluetooth」と入れて出てくる「My Bluetooth」を開きます。
(blueだけでも出てきます。)

次にBluetoothのアイコンをクリックすると、2段目に「シリアルポートのインストール」という項目があるので、そこにあるインストールボタンを押します。すると、送信側のシリアルポートが自動で決定されます。

次に、「デバイスとプリンタ」を開き、そこにあるiP100のアイコンを右クリックして「プリンタのプロパティ」を開きます。そこのポートが同じかを確認し、違ったら同じものにチェックを入れます。ポートが違うと、通信はもちろん出来ません。

これで通信は大丈夫そうです。
しかし、これだけではプリント出来ません。

プリンターのアイコンが半透明になっていませんか?
つまり、アクティブになっていない状況。これを修正します。

次は、右クリックではなく「ダブルクリック」します。

「プリンター:オフライン」と表示されている場合は、クリックした先のプリンタータブで、「プリンターをオフラインで使用する」のチェックを外します。
これで、Bluetoothでのプリントが可能となります。

追伸:シリアルポートの入力が必要な場合は、初期設定値「0000」を入力するとペアが許可されます。