Scan Snap 上位モデル ix500購入

2013年12月時点での最新上位機種ix500を購入

自炊によってPDF化された本は有効活用できています。
何より、かさばらないのが良い。
しかし、あれから300日弱が経過し、書類がまた増えてきました。

捨てたいけど捨てられないカタログ。
ほとんど使うことが無いけど、もしかしたら使うかもしれないマニュアル類。
結構溜まってきていました。

「以前のように、本が沢山増えてからだと結構な重労働・・・」
という事で、Scan Snapを購入するという結論に至りました。
そして、届いたのがこれです。

Scan Snap ix500(楽天で34,500円で購入)

つや消しブラック、以前レンタルしたものよりかっこいいです。

使い方は、レンタルで何十冊と本を自炊したので問題無く、編集方法なども要領は変わらず行えます。ソフトのインストールも特に考える必要も無くて楽です。

そして、何より処理が早い。

ちなみに、コンパクトなタイプも有りました。

購入前は、本も増やしたくないし、スキャナーも場所を取るのが嫌だからこちらの小さいサイズも考えていたのですが、処理速度が遅くなります。
分厚い本などを継ぎ足しながら連続スキャンする事を考えると、もっさりした動きだと時間がかかってしまいます。

ix500は、一枚の読み込みも早いし、次への繋がりもスムーズ。
何より、エラーが以前のレンタル品より起こりにくいのでストレスもありません。
もう、サックサク行きます。

ちょっと場所を取ると思ったけど、設置面積で考えたらそんなに違いもありません。
「なんでもコンパクトな方が良い!」と考えている場合でも、Scan Snapに関しては、処理速度が速いix500をオススメしたいところです。

これを使って、3,000ページを超える大物を自炊してみました。
>>3,000ページ超!家庭医学事典の自炊レポート