レノボG570のタッチパッドを無効にするには?

結論:レジストリを修正することができないなら妥協するしかない

自炊で使用しているパソコンを見て判ると思いますが、レノボのG570を使用しています。価格のわりにスペックは良いものの、どうしても使いにくいと感じてしまうポイントがあります。

それが、「タッチパッド(ポインティングデバイス)が自動で無効化できない・・・」というところ。

この件について、色々と改善する方法を探し、私のたどり着いた結論は以下の通りです。


「ポインティングの感度を最も悪くして、タッチフリーズをインストールする。」
これが一番妥当な方法のように思いました。

G570のソフトウェア:http://support.lenovo.com/ja_JP/detail.page?LegacyDocID=SYJ0-0095F25
ページが抹消されました。

タッチフリーズ:http://code.google.com/p/touchfreeze/

画像の通りクリックでダウンロードできます。


調べていく中で、どのようなパソコンにも対応できそうな方法として、レジストリで修正する方法で探してみたものの、そうした専門的な知識が無いので、うまくいきませんでした・・・。

レノボのG570のこの懸念点に関して関連する情報を探してみても、
「Fn+F6で出来るのでは?」
→それをしたくないから自動的にする方法を探しているのです。
タッチパッドを無効にしたいと考えてる人は、おそらく、タッチパッドそのものが必要無いと考えていると思います。

それが、パソコン起動のタイミングだけでなく、スタンバイ状態から立ち上げると、その度に、タッチパッドが有効になっていることが煩わしいんだと思います。

「設定で”USBマウスを接続時にタッチパッドを無効にする”にチェックを入れれば?」
→この設定ができないから困っているんです・・・。

他にも、「Synapticsの汎用ドライバなら、USB接続時の設定が付いているものがある」という情報もあり、実際にインストールしてみましたが、チェック項目は存在しませんでした。
しかも、インストールしたドライバは、G570に本来インストールするドライバよりも詳細設定ができません。

BIOSの設定で変更する方法も他のパソコンではあるようですが、G570には存在しません。
この辺は、以前サポートに連絡して確認済みです。

他には、IBMの頃のドライバをインストールすることで使用出来るとYahoo!知恵袋に書かれていたんですが、そのURLが存在せず、レノボのホームページに繋がってしまいます。このドライバーが存在すれば、もしかすれば対応することが出来るかもしれないんですが、それが存在しないのでどうしようもありません。

これらしいです。
→http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-0095F25#touchpad

以上のことから、標準でインストールされるドライバの感度設定を一番悪くして、あとは、タッチフリーズをインストールすることでキーボードの入力時は実質オフにすることで対応するのが妥当かなと判断しました。

マウスのカーソルがタッチパッドに思わず触れて飛んでしまうのは、親指のつけ根や手のひらが触れることで起こる場合が大半だと思うので、感度を鈍くというかピンポイントで触れなければ、動かないようにしておくと、キーボードの操作をしても問題なくなりました。

念の為、タッチフリーズでキーボードを押した時に、1〜2秒ほどタッチパッドの機能が無効になれば、ほとんど、煩わしさを感じることなく使用することが可能です。

追記

タッチフリーズを使用すると、キーボードを押した後に、すぐにマウスをクリックすると、クリックが無効になってしまうことが確認できました。キーボード入力して何かボタンを押す時などに、最初のクリックが効いていないので少し煩わしいと感じるかもしれません。

このソフトと同じような働きをするその他のソフトを入れてみましたが、そちらは、もっと使いにくくなります。ということで、タッチフリーズを入れた後に、ボタン操作やタブ切り替えで何らかのやりにくさを感じた時には、これが原因である可能性が高いです。

また、マウスの設定を行っても、パソコンを再起動するとその設定が解除されてしまいました。その為、起動する度に、マウスの設定をしなくてはいけません。
いけないというか、設定されているんですが、それが認識されなくなっていると言った方が良いかもしれないです。

これを修正するには、マウスの設定画面を一度開くだけで良いのですが、新たに起動するとその作業を一旦入れなくてはいけません。ただし、再ログインでは、認識されている状態なので、その度にやる必要はありません。

その為、「マウスの設定画面を開く」という作業を起動の度に行わなくてはいけないのですが、この作業を短縮する方法として、「マウスの設定画面のショートカットを作成してスタートアップに登録しておく」ということをすれば、設定画面を開くことが可能です。

開きさえすれば、設定は適用されるので、そのまま放置しておくかもしくはウィンドウを閉じるか。起動の度にその手間だけが残りますが、ログインの度に、[Fn+F6]を行うよりは大分手間が無いと思います。